第13回かれい釣り全国大会IN塩釜

4月21日、第13回かれい釣り全国大会IN塩釜が開催されました。海上は穏やかでしたが、カレイの食いは、今一つ。12時の終了時間まで、参加された皆様は苦戦しながらもカレイ釣りを楽しんでいました。

競技終了後、豪華景品が当たる抽選会が行われ、好評のうちに無事大会を終了する事が出来ました。

【魚種】マガレイ、マコガレイ 16~46㎝ 25~61枚

    イシガレイ等のカレイ類               

【場所】大型漁礁沖 水深38m

【天気】晴れ 西~南西の風2~3m

【水色】澄み 水温8.3度 波1.5m

【竿頭】石巻市 高橋和敬様

     

     

  4月21日(日)第13回かれい釣り全国大会IN塩釜に参加しました。みなとや丸乗船11名様の釣果。

   6時出船、12時沖揚がり

 第13回かれい釣り全国大会IN塩釜に参加しました。366名の参加者が29艘の遊漁船に分かれ、16㎝以上のマガレイ、マコガレイ、イシガレイ等のカレイ類の枚数で釣果を競う大会です。

 みなとや丸には、11名が乗船。喰い渋りのカレイに苦戦しながらも、石巻市の高橋和敬様が61枚の釣果で、総合10位の成績を収めました。

 

 

 今回の大会より、2019年の仙台湾のカレイ釣り大会が始まりました。これから2か月間、熱い季節が始まります!!トーナメンターの方も、そうでない方も、一所懸命にカレイ釣りを追及し、表彰台を目指しましょう!!

 

~※みなとや丸よりお知らせ※~

 2018年、2月1日より、遊漁船にご乗船の際は、国土交通省認定(桜マーク)のライフジャケットの着用が義務化されます。遊漁船業者に対する違反点付与は、4年後の2022年2月1日からになりますが、車のシートベルトやチャイルドシート、バイクに乗るときのヘルメットと同じです。「命より重い釣果」はありません、お持ちで無い方はこの機会にご用意ください。

 ※ご不明な点は、みなとや釣具店スタッフにお尋ねください。

本日ご乗船の皆様、船長さん、お疲れ様でした。