山形県・庄内沖大瀬の真鯛

 今年初めての庄内沖・大瀬の真鯛釣行。なかなか天候に恵まれずやっと本日実現しました。期待は限りなく膨らみます‼

  鼠ヶ関港のビースト秋場船長に夢を託します。

 塩釜から鼠ヶ関港までは、コンビニでの買い物、トイレ休憩を含めても3時間以内で到着します。

 同行者は、前回の日立釣行で好調の井上さん、鯛仙人・今野さん、そして私。同船した菅原さんの4名で6時半に出船しました。

 海上は、ややうねりが残るものの風は穏やか。ポイントは、大瀬の北側で水深120m。

 一昨日の釣りでは、潮が異常に早く156gの鯛ラバでも底が取れないとの事で私は、ビンビン玉260gを投入。が、思った程潮が早くなく130gにヘッドを変え再投入。

 

 その直後、隣釣り座の菅原さんヒット‼2キロオーバーの真鯛。これを合図に船中スイッチON‼

 菅原さん、秋場船長、井上さんと次々と2~4キロクラスをヒット‼

 私のヒットは何と、良型のアマダイ。う・・・うれしくもあり、でも、真鯛が欲しい(泣)私は最初の獲物が、本命以外だと一日中リズムに乗れないことが多いです。その後、3キロ級をヒットするも、何か嫌な予感?

 肝心の鯛仙人は、なんと強度の船酔い。しかし、仙人の船酔いは幸運の証。それを証明するかの如く、1枚踏ん張って釣り上げてからは、体調も優れ絶好調モード突入‼

 終わってみると、良型真鯛が船中30枚‼竿頭は仙人・今野さん9枚、井上さん7枚、菅原さん6枚と皆さん笑顔笑顔。私は、90㎝と100㎝オーバーのブリを釣り上げ、釣り上げ奮闘⁉朝の予感は的中しました。

 年に数回しかない好釣果。楽しい1日でした。

 豊星丸で出船した秋元さん、加藤さんは船中40枚の大漁との事。そして、海猿に乗船した永井さん、太田さん、砂口さんは何と、船中50枚の大爆釣でした‼帰りは、全員お店に集まり、釣り談義で賑わいました。

 大瀬の真鯛は始まったばかり、これからが楽しみです。

 

 ※遊漁船ビ-ストは定員6名の乗合船で、料金は1名¥10000です。定員分料金で貸切もOKです。船幅も広くて釣りやすいです。秋場船長は、笑顔を絶やさない好青年です※